三角のポーズ(トリコーナアーサナ)の目的と医学的な効果

三角のポーズは

サンスクリット語ではTrikonasanaトリコーナアーサナ

(Uttihita Trikonasana ウッティタ・トリコーナアーサナ)

英語ではTriangle Poseトライアングルポーズ

と呼ばれます。


ヨガで最初に教わるお馴染みのポーズの一つですが、

その効果は多く、

・ウエスト周りの脂肪を減少させる。

・背中、腰、脚を強化する。

・転倒予防

・骨格の歪みを整える。

などのほか

・便秘解消

・消化機能の改善

・呼吸機能の改善

が期待できると言われています。


特に医学的に使われる筋膜ラインは

立位の安定に重要なDeep Front Line,

体の上下のバランスを保ち、姿勢を安定させる Lateral Line,

左右の均衡を保つ Spiral Line

であることがわかっています。



三角のポーズは医学的に見ても転倒予防や姿勢を整え、ウエストを引き締めることなどに効果がありそうですね。


では、まずは隆次先生のお手本をみていきましょう。