こんにちは!Dr.KAKUKOスポーツクリニックの中江梓です。スタッフブログ記念すべき1人目を努めさせて頂きます!!

今年もあっという間に6月に突入し、最近では日中の気温が30度を超える真夏日も少しづつ増えてきました。いよいよ夏本番といったところでしょうか。この時期に気をつけておきたい病気といえばなんといっても「熱中症」です。特に今年は新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、いろいろな理由から例年にも増して熱中症発生率が増えるのではないかと懸念されています。ここで改めて「熱中症」について学びましょう!

ところでみなさん、そもそも「熱中症」ってどんな病気か知っていますか?

高温・多湿などの暑熱環境下で急激に大量の汗をかくことによって、体の中の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節が出来なくなることによって引き起こされる症状の総称です。症状は軽度なめまいや頭痛、そして重篤な症状になると死に至ることもあります。

熱中症は梅雨明けで急に暑くなる7月から8月にかけて特に多く発生します。原因の一つとして「暑熱順化」ができていない、ということがあります。暑熱順化とは、だんだん気温が上がってきたときに汗をかいたりし、暑さに対応できる身体になることを言います。しかし、今年はコロナの影響により外出の機会が減っているため、特に「暑熱順化」が進まない状況となっています。また、マスクも熱中症に悪影響を及ぼすのではないかと危惧されていますが、このことについては次回にまたお話ししますね。

まずは暑さに慣れること、そしてそのために汗をかくことが重要になります。運動による発汗だけではなく、普段の生活から汗をかくような習慣を取り入れてみましょう。

具体的は方法としては、「しっかりと湯船に浸かること」「朝夕などの涼しい時間帯にウォーキングなどの有酸素運動を行う」などがあります。

熱中症に負けない身体作りを心がけ、健康な毎日を送りましょう♪